2007年05月14日

風水と財布で金運アップ

風水と財布で金運アップ
よく黄色の色の財布を持つと金運がアップしたり、運がよくなるといわれています。そのため、数万円の黄色の財布が飛ぶように売れた時期もあったようです。黄色の財布をもつことで、パチンコにかった、スロットに勝った、競馬にかったなど・・・
確かに風水では、黄色が金運アップに効果があるといわれていますので全くのでたらめではないのも事実かもしれません。
風水では、財布は黄色がよいといわれますが、黄色以外にも黒の財布も金運があがるといわれたり、出て行くお金が減るといわれます。逆に、風水でよくないといわれる財布の色は、赤色の財布や、青色の財布です。情熱の赤ともいうようにお金がどんどんでていってしまいます。っといっても、もし赤色の財布や青色の財布を使っていたとしても、がっかりしなくても大丈夫です。その財布の中に、黄色のカードや紙などを入れておくことで金運を上げることができます。
黄色の財布は恥ずかしいと思う方も沢山おられますので、黄色以外の財布でも自分の気に入ったものを使って、財布の中に黄色のものをいてておくというのもアリでしょう。
posted by 風水財布で金運アップ at 02:47| 風水と財布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

風水と財布の関係

風水と財布の関係

風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置を決定するために用いられてきた。気の流れを物の位置で制御する思想。堪輿(かんよ)ともいう。風水では都市や住居(すなわち生者の居住空間)を陽宅(ようたく)、墓(すなわち死者の居住空間)を陰宅(いんたく)と呼んで区別している。
古代からの相宅や相墓といった占いの技術が陰陽五行説に基づきつつ総合されて成立した。 風水は大別すると、巒頭(らんとう)と理気(りき)に別れる。 巒頭は、その土地の気の勢いや質を地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法であり、形法、形勢派、巒体派などとも呼ばれる。一方、理気は陰陽五行や八卦、易理(易)、方位など目に見えないもので判断する方法であり、理法、理気派、屋宅派などとも呼ばれる。
ちなみに、現代科学における風水は地磁気と人との関係を追究している。ウィキペディアより

風水では財布の色や大きさなどを変えることで金運がアップされるといわれています。逆に金運が下がる財布の色や形もある。
posted by 風水財布で金運アップ at 22:44| 風水と財布の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトは、風水/財布について管理人の体験を元に解説しております。 風水/財布では、金運アップ、運気アップ、恋愛運アップ、健康などさまざまな効果があり、風水/財布は人気があります。 風水/財布の基本的なことはもちろん、ラッキーからー、運気アップのための解説を行っています。 風水/財布では掃除をするだけでも、風水/財布の効果を体験することができます。まず部屋の掃除をすることが風水/財布の効果を体験するための簡単な方法です。 風水/財布を取り入れて楽しい人生をエンジョイしましょう。 当サイトがお役に立てれば幸いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。